2012年12月07日

重い心臓病の子に幹細胞移植の道 岡山大病

岡山大病院は3日、生まれつき心臓の片側が機能していない重い心臓病の子ども... 岡山大病院は3日、生まれつき心臓の片側が機能していない重い心臓病の子どもに、本人の心臓から採取して培養した幹細胞を移植し、心筋を再生する本格的な臨床研究を始めると発表した. 心筋の再生でポンプ機能を高める効果が期待できる. 本人の細胞を使うため拒絶反応もない. 近く厚生労働省に「先進医療」の適用を申請する. 今後3年間で34人の子に移植する計画で、早ければ年度内にも始める. 学内の倫理委員会で8月末に承認された. ナイキSBがスイーパーツアーを恐れてはい 移植するのは、生まれつき右心房と右心室の間の弁が塞がっていたり、片側の心室がなかったりする難病「機能的単心室症」の子ども. 1万人に1人の割合で起きる. 血流を助けるバイパス手術をしても、片側しか働かないため、全身に血を送りにくかった.
posted by HiguchiRiko at 23:59| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。