2012年12月29日

内視鏡ロボ手術に保険適用 4月スタート、

遠隔操作で内視鏡手術を支援する米国製ロボット「ダビンチ」が4月から、前立腺がんの摘出手術で公的医療保険の適用を受けることになった. 厚生労働相の諮問機関「中央社会保険医療協議会」(中医協)が30日、了承した. これまでの手術に比べ、患者の身体的な負担が小さいという. 医師はカメラをのぞき、拡大された体内の3次元画像を見ながら操作する. 医師の手の動きに合わせて、ダビンチの手も動くようになっている. 2009年11月、前立腺や胃、食道がんなどの手術を支援する医療機器として承認された. 前立腺の周囲は血管などが集まり、がんの摘出は出血に注意が必要. ナイキ エアジョナイキ サッカー人気ーダン 5 細かな動きが可能なため、これまでの腹腔(ふくくう)鏡手術より出血量が少なく、入院日数も短縮でき、治療効果が期待できるという. 販売会社「アダチ」(大阪市)によると、国内では現在、32病院が導入. 昨年は約700人の前立腺がん患者の手術に使われた. 前立腺がん手術のみが、一部に公的医療保険が使える先進医療に5病院が指定されている. ほかでは保険が適用されず、自己負担は100万円以上になるという. 首謀者日本アディダスHardlandスニ (小林舞子).
posted by HiguchiRiko at 12:52| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。